なんとかしたい!気になる涙やけの原因とケア

愛犬の目の周りが赤茶色に変色してしまっているのって、気になりますよね。

私は犬を飼うまで、「涙やけ」という言葉すら知りませんでした。

飼い始めてすぐに、涙やけが気になり始め、本やネットで調べてケアをするようになりました。

今回はその涙やけについて、原因と対策、おうちでできるケアをご紹介します。

この記事では

  • 涙やけってなに?病気なの?
  • うちの子も涙やけで困ってます
  • 涙やけに効果のあるものがあれば試してみたい

という問題を解決します。

目次

涙やけとは

犬の涙は、もともと無色の水分で、本来は溢れるほど涙が出ることはないのですが、何らかの原因で目から涙が溢れだし、涙の成分が赤茶色に変化している状態です。

涙のあとがつねに濡れているので、細菌が繁殖して皮膚炎になる恐れもあります。

涙やけの原因

涙が目から溢れてしまう原因はいくつかあります。

涙点(るいてん)や鼻涙管(びるいかん)が発達していない場合

パピーの時期に見られ、成長とともに自然と治ることが多いです。

鼻涙管が細くなったり詰まったりしている場合

鼻涙管が細くて詰まりやすかったり、食べ物の成分で詰まりやすくなったり、粘り気が強いことで鼻涙管を塞いでしまっているケースで、病院で鼻涙管の詰まりを検査してもらい鼻涙管洗浄が必要な場合もあります。また外からのマッサージで効果がある場合もあります。

炎症を起こしている場合

まつ毛やごみなどの刺激や、アレルギーなどによって角膜が傷つき炎症を起こしていることもあります。

涙やけ対策とケア

涙やけになってしまったときはぜひ以下の対策を試してみてください。

こまめにふき取る

涙やけが気になる飼い主さんはみんなやっていることだと思いますが、水やぬるま湯で濡らしたティッシュやガーゼで、できるだけ優しく涙をふき取ります。

我が家の愛犬ちょこは、ティッシュだと食べようとするので、市販のウェットシートでふいています。抗菌作用のあるもので、お肌に優しいものを選ぶようにしています。

毛がカピカピに固まっているときは、少し多めに濡らして、固まったところをふやかしてから、ほぐすようにふいていきます。

マッサージをする

鼻涙管をマッサージすることで、管を広げて症状が改善することがあるようです。

目頭から鼻にかけて、優しくもむようにマッサージします。

我が家でも、マッサージはふき取りのついでにやっていますが、涙が少なくなるという効果は今のところ見られません。愛犬ちょこが気持ちよさそうにしているので、続けますが。

フードを変える

フードに含まれる添加物によって、鼻涙管が詰まりやすくなったり、変色しやすい涙を作ることがあると言われています。

なるべく添加物の少ないクオリティの高いフードに変えることで、劇的に涙やけが改善することもあるようです。

ただ、すべてのワンコの涙やけを完全になくす夢のようなフードはありません。自分の愛犬に良さそうなフードを与えてみて、愛犬の体質に合うフードを根気良く探していく必要があります。

我が家も、涙やけに効果があると謳っているフードをいくつか試していますが、今のところ全く改善していません。

何しろ、無添加のフードだけでもたくさんの種類があるので、その中から本当に良いものを探し出すのはムズカシイ…です。

目の周りの毛をカットする

長い毛が目に入って刺激にならないように、目の周りは短くカットしておきましょう。

漂白する

化学的に涙やけを目立たなくする(脱色する)成分の入った液体も、いくつか市販されています。

使うと涙やけの色が薄くなっていくようですが、漂白成分を使い続けることによる、皮膚や目への影響も心配なので、私は使いません。※あくまで私個人の判断です。

鼻涙管洗浄をしてもらう

かかりつけの動物病院で、炎症や鼻涙管の詰まりをチェックしてもらい、定期的に鼻涙管洗浄してもらう飼い主さんもいるようです。

ただ、鼻涙管洗浄は麻酔をかけて行う場合が多いので、愛犬の体への負担を考えて、私はまだやったことはありません。

ホウ酸水を使う

ネットで調べると、涙やけにはホウ酸水が有効と出てきますが、私はホウ酸中毒のリスクなども考えると、怖いので使ったことはありません。※あくまで私個人の判断です。

まとめ

涙やけ対策でネットで調べていると、様々な情報があふれています。

効果には個体差もあるので、どれが愛犬に合うのかを飼い主さんが慎重に見極めて、対策してあげてください。

また、涙やけが大きな病気に直結することは少ないようですが、明らかに涙やけしている部分の臭いがキツイ場合などは、目に何らかのトラブルを抱えている可能性もあるので、早めにかかりつけの動物病院で相談してみましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる