【レビュー】犬用ドライヤー1年半使ってみた感想

我が家の愛犬ちょこ、1か月に1回くらいのペースでサロンに通ってトリミングしてもらっていますが、普段のお散歩で汚れてしまったり、粗相して汚れてしまった場合は、おうちシャンプーをしています。

おうちシャンプーの後は、人間用ドライヤーではなく犬用のドライヤーで乾かしています。

犬用ドライヤーは、ちょこを飼い始めるときに用意したもので、犬用グッズの中で買ってよかったベスト3に入るくらい便利で、今となってはなくてはならないくらい愛用しているものです。

愛犬の気になる涙やけについては▼▼▼

この記事は

  • 犬用ドライヤーって何?
  • 人間用のドライヤーとどう違うの?
  • 実際使ってみてどうなの?

という疑問についてお答えします。

目次

犬用ドライヤーの必要性

愛犬をシャンプーした後、どのように乾かしていますか?

自然乾燥はおすすめできません。

自然乾燥だと、被毛の内側までしっかり乾かず、湿った状態が長く続くので、風邪をひいたり、雑菌が繁殖してカビが発生してしまったり、皮膚病を引き起こす可能性があります。

そんなことにならないためにも、ドライヤーを使ってしっかりと乾燥させましょう。

中には人間用ドライヤーで乾かしている飼い主さんも多いかと思います。

人間用のドライヤーが犬に使えないということはないですが、人間用のドライヤーは犬にとっては高温すぎる場合があるので、弱の設定で、なるべく愛犬の体から遠ざけて(20~30㎝くらい離して)風を当てるようにしてあげてくださいね。

ドライヤーの風を当てながら、スリッカーやブラシなどを使って被毛をとかしながら乾かすと、被毛の奥の方にも風が入り早く乾かすことができます。

スリッカーやブラシを片手で使うのはなかなか難しいと思うので、人間用のドライヤーを固定して使用するか、我が家の犬用ドライヤーのような置き型ハンズフリードライヤーを使用すると便利です。

我が家の犬用ドライヤー

我が家の犬用ドライヤーはこちら。楽天で購入しました。

DUZ(デュズ)プレミアムハンズフリードライヤー

箱はこんな感じ
箱を開けるとこんな感じ

本体と壁付けホルダー、ゴム足付き台座が入っています。

壁付けホルダーを使うとネジを使って壁に取り付けることもできます。

ゴム足付き台座を装着すると、しっかり安定して置くことができます。

このシンプルな見た目もお気に入り♡

選べる風量は3段階(強・中・弱)、温度は4段階(高約80°・中約60°・低約40°・送風)あります。

ちょこ登場!

こんなふうにヘッドをクネクネと曲げて、ちょこを直撃できます。

ちょこが動いても、ヘッドを動かして乾かしたいところに当てて調節でき、風を当てにくい顔や足元もしっかり乾かすことができます。

いつもは温度は中、風量は最大で使っています。

シャンプー後タオルドライして、このドライヤーを使うと、だいたい20分くらいで全身乾かせます。(ちょこは約3.5㎏のトイプードルです)

ハンズフリーで両手が使えるので、片手でちょこを押さえながら、もう一方でスリッカーも使えます。

気になる音の大きさですが、正直な感想は『思っていたよりも大きい』です。

ただ、一般的な人間用のドライヤーと比べると静かなので、うちのちょこはさほど嫌がりません。

  • 置き型でハンズフリーで使える
  • ヘッドが360°自由に曲げられる
  • 温度と風量は調節可能
  • 音は人間用より静か
  • 見た目がシンプル

犬用ですが、もちろん人間も使えます。

髪の毛を乾かすときに両手が使えるのはとても便利です。

肝心のお値段ですが、お高いです。

お高いので、私も3か月ほどカートに入れたまま悩みました。

さんざん悩んだ挙句、サロンでのシャンプー2回分と思って、思い切って買いました。買ってよかったです!

まとめ

使用頻度ははっきり言ってそれほど高くありません。

月に1回か2回ほど。

ですが、ただでさえ大変なおうちシャンプーのときに、乾かすのに時間がかかってしまうと、愛犬も飼い主さんも負担が大きいですよね。

何よりも愛犬の被毛や皮膚の健康のためにも、スピーディにしっかり奥まで乾かせる犬用ドライヤー、迷ってる飼い主さんはぜひぜひ!

ブラシ一体型も便利!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる