ドッグフードは食品じゃない?賞味期限が長すぎるのは危険!

毎日愛犬が食べているドッグフード、何を基準に選んでますか?

店頭やネットにはたくさんの種類のドッグフードが売られていて、どのようなものを選べばいいか、迷ってしまいますよね。

  • 愛犬のドッグフード何を基準に選べばいいの?
  • 安全なドッグフードはどんなもの?
  • ドッグフードの賞味期限と保存方法が知りたい

犬にとって大事なお手入れである肛門腺絞りについては▼▼▼

目次

ドッグフードは食品じゃない?

食べられません…

ドッグフードは法的には食品ではありません
人間が食べる食品は、さまざまな法律や規制によって品質が確保されていますが、ドッグフードに関しては安全性や品質を規制するような法律がありません。
2009年にペットフード安全法が施行されましたが、それでも万全ではありません。
人間が食べる食品には使用が禁止されている添加物も、ドッグフードには使用可となっています。

本当に愛犬の健康を考えるのであれば、犬の食性や栄養学などをきちんと学んだうえで、バランスの取れた手作り食を与えるのが一番なのかもしれませんが、毎日のこととなるとやはり大変です。
飼い主さんが責任をもって、信頼できるメーカーで作られた安全なドッグフードを選ぶ必要があります。

モグワンドッグフード

安全なドッグフードを選ぼう

クンクン…安全だワン!

法律で守られていないドッグフードなので、「国産だから安全だろう」とか「価格が高いから良いものだろう」と油断してはいけません。
原材料と添加物を確認して、安全なドッグフードを選びましょう。
ドッグフードの原材料表記では、人間の食用には適していない食材を「ミール(チキンミール)」や「肉副産物」と書かれていることがあります。
このような原材料が明らかになっていないものを、愛犬に食べさせるのは不安ですよね。
逆に「牛肉」「フレッシュチキン」のように具体的な原材料が書かれているフードは安心して食べさせられるのでおすすめです。
添加物に関しては、食いつきをよくするための香料や、見た目をよくするための着色料などの余計なものが含まれていないドッグフードを選ぶと安心ですね。

賞味期限切れのドッグフードをあげても大丈夫?

賞味期限切れのドッグフードは、油脂が酸化していたりカビやダニが発生したりする可能性があります。
缶詰の場合は賞味期限が長く設定されているものが多いですが、缶やパッケージの成分が溶けてしまう可能性があります。
そもそも賞味期限が長すぎるドッグフードは、保存料や防腐剤などの添加物が多く使われていて、賞味期限が切れても見た目やニオイに変化がないこともあるので注意しましょう。
このような理由から、愛犬に賞味期限が切れたドッグフードをあげるのは、多くのリスクがあるのでやめましょう。

ドッグフードの賞味期限

ドライフード(未開封)

未開封のドライフードの場合、賞味期限が1年くらいのものが多いですが、中には賞味期限が3年というものまであります。
あまりにも賞味期限が長いものは、添加物が多く含まれているので注意しましょう。
自然派のドッグフードだと、賞味期限は3か月程度になります。

ウェットフード(未開封)

ウェットフードは缶詰やパウチパックになっているので、3年ほどの賞味期限になっています。

ドッグフード 初回特別トライアルセット

開封後

開封後は、ドライフードの場合は1か月以内に、ウェットフードは1,2日以内に消費できるようにしましょう。

ドッグフードの保存方法

ドライフード

ドライフードは密閉性の高い保存容器に入れて空気に触れないようにして、直射日光の当たらない涼しくて風通しの良い場所に置きましょう。
ジップロックなどに小分けにして保存するのもおすすめです。
冷蔵庫に入れると結露が発生しやすくなって、湿気やカビの原因になるので常温で保管するようにしてください。

わが家で使っているのは、ホルムガードのスカーラというもの。
密閉ではないけど、インテリアに馴染むのでお気に入り♡

ウェットフード

ウェットフードは1日で食べ切るのが理想ですが、食べきれない場合は保存容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。
その場合も、長くて2日以内に食べ切りましょう。
冷凍保存する場合は、1か月以内には食べ切るようにしてください。

ドッグフード 初回特別トライアルセット

まとめ買いはダメ!

我が家の愛犬トイプードルの体重は3.5kgで、1日に食べるドッグフードの量は約90gです。
3kgパックのドッグフードを食べ切るのに、およそ33日(1か月程度)かかる計算になります。
ドライフードは開封後1か月以内に食べ切るのが理想なので、我が家では残りが少なくなってきた時点で1kgか3kgのパックを買うようにしています。
セールなどでまとめ買いすると、ドッグフードの劣化にもつながるので、その都度こまめに買い足す方が安全ですね。

まとめ

法律で守られていないのなら、飼い主さんが守るしかない愛犬の食事。
ドッグフードが食事の中心となっているので、ドッグフード選びは慎重に行う必要があります。

また、せっかく安全で安心なドッグフードを選んでも、愛犬の好みじゃなくて食べてくれなかったら意味がないので、ドッグフード選びは簡単なことではありません。

飼い主さんも愛犬も納得できるフード選びができますように。

モグワンドッグフード ドッグフード 初回特別トライアルセット
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる